(新しい潮流にチャレンジ)答申をどう読み解くか

中教審は学習指導要領改訂に向けた答申(案)を昨年12月15日に公表し21日に答申した。これによって主に2020年以降のわが国の学校教育の在り方がほぼ確定したと言える。わが国の教育はどう変わるのか。答申を読み解き、これからの教育の在り方を考えたい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。