(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース )意図せず言外に学びの重要性

ドナルド・トランプ米国第45代大統領の就任式が、1月20日に行われた。本紙では、同政権の教育長官人事などから、比較的に都市部に有利になってしまう学校選択制への動きや公教育への風当たりなどについて、教育コメンテーターの小松健司氏に解説記事をまとめてもらった(電子版1月24日付、紙版1月30日付掲載)。ここでは、就任式で語られた一節を基に、誰も論評していない異文化理解の視点と、そこに潜む学びの重要性について深掘りする。異文化への理解不足からくるテキストの誤読によって生じる、少々やっかいな問題である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。