(教育時事論評)研究室の窓から 第22回 新たな定義で記述されたカリキュラム・マネジメント

学習指導要領案が公表された。昨年暮れに出た中教審答申と、大きく変わっているところが2カ所ある。1つは、「アクティブ・ラーニング」が「主体的・対話的で深い学び」の表記に統一されて記述されたこと。もう1つは、カリキュラム・マネジメントが新たな定義で記述されたことである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。