(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース )中教審が第8期から第9期へ

第9期中教審が3月6日、松野博一文科相から「高等教育に関する将来構想」について諮問を受け、実質的にスタートした(本紙電子版は当日、紙面では3月13日付既報)。第7期と第8期の中教審は、安倍内閣の下で多くの教育改革方策を提言してきたものの、多くの課題を残したといえる。その残された課題とは何か。また新たに始まった第9期中教審に期待されるものとは何か。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。