(新しい潮流にチャレンジ)総合的学習の創設期の課題

総合的な学習の時間(以下、総合的学習とする)は、最近その意義が見直されている。全国学力調査の結果をみても、総合的学習をよく行っている学校ほど学力が高くなっている。また、教育課程編成において教科横断が言われるようになって、総合的学習の構造が注目されている。さらに、各学校の課題選択は持続可能な社会の在り方(ESD)など、社会的な関心の高いものに変わる可能性がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。