(教育時事論評)研究室の窓から 第25回 政治と行政の関係

村松岐夫京都大学名誉教授を中心とする研究グループが、昭和51年から平成13年にかけて、霞ヶ関の行政官を対象に実施した調査がある。対面調査の中で質問紙への回答も求めており、行政官の意識が変容する傾向が明らかになっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。