(新しい潮流にチャレンジ)「主体的・対話的で深い学び」を考える

次期学習指導要領が改訂されて、これまでブームとなっていたアクティブ・ラーニング(AL)の文言が消えて、「主体的・対話的で深い学び」が強調されている。ALが消えたのには、単なるアクティブに終始しがちな傾向を嫌って、「主体的」「対話的」「深い学び」のそれぞれを学習展開に確実に活かしたいという判断がみられるであろう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。