(教育時事論評)研究室の窓から 第28回 全国学力調査に各県の特徴

今年度の全国学力・学習状況調査の結果が公表された。大きな傾向はこれまでと変わりない。この10年間に変わらず上位を維持し続ける県と急激に改善されている県、変わらない県に類別される。急激に改善している県は、小学校のみが改善されている場合と小中両方が改善されている場合に分かれる。どちらかといえば前者が多い。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。