(新しい潮流にチャレンジ) 自己肯定感を育てる教育(1) 子供の自己評価をめぐる課題

わが国の子供が国際比較からみて自己評価が低いことは、よく知られていることである。中教審『答申』にも、「米中韓の生徒に比べ、日本の生徒は『自分を価値ある人間だ』という自尊心を持っている割合が半分以下、『自らの参加により社会現象が変えられるかもしれない』という意識も低い」というデータが示されていたことは周知のことである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。