(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース) 学習評価の議論がスタート

中教審教育課程部会は10月16日、「学習評価に関するワーキンググループ」を設け、初会合を開催した(本誌10月23日付既報)。ワーキンググループ(WG)は来年秋ごろをめどに報告をまとめ、それを基に文科省は「指導要録」(参考様式)を公表することになる。学習評価の議論は、学校現場にどのような影響を及ぼすのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。