(注目の教育時事を読む)第44回 要素の足し算で教員が育てられるか

本紙10月30日付電子版が報じているように、東京都教委は、独自の教職課程カリキュラムを発表した。教育公務員特例法等の改正や文科省による「教職課程コアカリキュラム(案)」が示されたことを受けてのものであり、教員の養成、採用、研修が一体となった人材育成に資するために、各大学が教職課程を編成するときの参考となるよう定めたものである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。