(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース) 多様な教育 多様な人材

不登校の子供の支援を目的とした教育機会確保法が、昨年12月参院を可決し、今年2月に施行された。同法には、基本理念として、「不登校児童生徒の多様な学習活動の実情を踏まえた支援」が記され、不登校の子供に対する「休養の必要性」や、学校以外の学習活動の重要性が明記された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。