多忙化解消―部活動改革を軸に 移行に向けたグランドデザインの策定を

初日の出を仰ぎ、自分の家族、そして自分が担当する子供たちの成長と無事を願いながら新たな年を迎えた先生方も多いだろう。あるいは、新年早々、部活動指導のために家を空ける先生もいるかもしれない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。