学校の働き方改革 本気度を高めて実行する年に

教育業界の流行語大賞があるとすれば、2016年は「アクティブ・ラーニング」、17年は「働き方改革」だったのではないか。どちらも多義的な言葉で、都合のよいように使われることもあるが、私は両方とも、一過性のものにしてはいけない、と強く思う。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。