(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース) 世界最大のテクノロジー見本市

今月9日から12日まで米ラスベガスで開催された、世界最大規模のテクノロジー製品見本市「Consumer Electronics Show(CES)」に参加した。約20万人が来場し、約4千社が出展。健康、食品からロボット、自動運転車まで幅広い分野が扱われている。今年の見どころは、5G、AIやAR/VR、スマートアシスタント、スマートシティなどだ。一見すると教育と無関係のようにみえるが、最新のテクノロジーが時を経て教育領域に応用される可能性は高く、教育関係者の参加も多い。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。