(新しい潮流にチャレンジ)部活動の望ましいスタイルを早急に

周知のようにOECDが2014年に公表した国際教員指導環境調査(TALIS)は、日本の中学校教員の勤務時間が最長という結果を示していた。その影響は大きく、現在盛んに進められている学校の「働き方改革」に及んでいる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。