(教育時事論評)研究室の窓から 第33回 教育無償化論議―支援の範囲を考える

教育費無償化論議が進んでいる。無償化は大きく二つのアプローチがある。一つは教育サービス自体を無償化する方法、一つは教育サービスを受ける個人に対してサービス対価に当たる金額を支出する方法だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。