インドネシアのデジタル化は始まったばかり しかし普及スピードは速く、テストにCBT採用

今月、インドネシア・ジャカルタを訪問する機会を得た。同国では来月、全国国立大学共通入学試験(SBMPTN=Seleksi Bersama Masuk Perguruan Tinggi Negeri)と呼ばれる、日本でいうセンター試験が実施される予定だ。今回はインドネシアにおける教育と、実際にテクノロジーを用いてどのような授業が行われているか、学校訪問を通じて得た知見を共有したい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。