(注目の教育時事を読む)第48回 前文科事務次官・前川氏の授業問題

eye-catch_1024-768_tyumoku-kyoiku_r20180426
藤川大祐千葉大学教育学部教授



お粗末な政府与党のやり方 法的根拠を尊重すべきである


◆公立学校での講演の是非が問われる◇

本紙4月9日付で報じられたように、名古屋市立中学校で前文部科学事務次官の前川喜平氏が行った講演について、文科省が名古屋市教委に問い合わせた問題は、同市教委が文科省に意図を問い、文科省から回答があったことが明らかになった。

この件に関する経緯を確認しておこう。今年2月16日、名古屋市立中学校に前川氏が招かれ、生徒と保護者に向けて講演を行った。3月15日、講演の内容等について文科省が同市教委に対して報告を要請していたことが報じられた。

文科省から同市教委への質問は2回にわたっており、同市教委によって質問と回答の全文が公開されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。