子供の命を守るのは学校の責務 大川小高裁判決の意味を考える

仙台高裁は4月26日、東日本大震災による津波で多くの犠牲者が出た宮城県石巻市立大川小学校の児童の遺族による損害賠償訴訟の控訴審で、宮城県と石巻市に約14億円の賠償を命じた(本紙電子版4月26日付既報)。この判決の持つ意味とは何か。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。