子供たちの夢台無しにした日大アメフット部

【解説】日本大アメリカンフットボール部の選手が関西学院大の選手に全治3週間のけがを負わせた反則行為は、日大がフットボールスクールを通じて子供の成長に関わってきた取り組みを台無しにしてしまった。フェニックス・フットボール・クラブ(PFC)は、日大アメフット部がサポートする子供向けのフラッグボールチーム。アメフット起源のフラッグフットボールは、タックルに代えて選手の腰の左右に着けた「フラッグ」を取り、選手同士の身体的接触を原則禁止としているのが特徴である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。