(教育時事論評)研究室の窓から 第36回 ポピュリズムと学校を考える

ポピュリズムという言葉に明確な定義はない。米国の文脈で語られるポピュリズムが政治的意思決定の大枠から外れた人々の主張を意思決定に反映させるための反官僚的運動という意味合いが強いのに対し、日本では単純で曖昧な価値観(ワンフレーズ)を標榜しながら、将来的な持続可能性への視点を伏せたままに政策を主張することの意味合いで語られる場合が多い。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。