教員不足の解決方法 テクノロジーの利用促進などで

衝撃的な報道を見た。本紙既報「教員不足で英語の授業できず 松江市の市立中学校」という記事だ。4月から1カ月の間、教員不足のため3年生が英語の授業を受けられなかったとのこと。3年生といえば高校受験を控えた大事な学齢であり、1カ月もの間、授業を受けられないというのは、教育の機会均等から考えても異常事態である。他県と教員を取り合っている現状があるとのことだが、実は教員が不足している状況は昨年から全国で顕著になりつつある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。