教員不足で授業ができない 急がれる働き方改革と処遇改善

広島県の湯埼英彦知事は5月15日、県内の小中学校で教員の欠員が発生していることを明らかにした。また、島根県松江市の中学校で英語教員がいないため、3年生の英語の授業が実施てきないことがマスコミなどで報道された(本紙5月24日付既報)。今、学校現場に何が起こっているのか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。