(注目の教育時事を読む)第49回 公立小・中学校における教員不足問題

eye-catch_1024-768_tyumoku-kyoiku_r20180426藤川大祐千葉大学教育学部教授の視点

求められる抜本的な解決 教員配置には余裕が必要
◆非正規教員への依存など複合的な要因が◇
公立小・中学校の教員不足が深刻化している。本紙電子版5月11日付で報じられているように、島根県松江市の市立中学校で英語の非常勤講師が確保できず、4月から1カ月ほど3年生3クラスの授業ができなかったという。また、本紙電子版5月16日付では、広島県内の35校で臨時採用教員26人と非常勤講師12人の計38人の教員が不足、年度当初に国語と理科の授業を予定通り実施できなかった学校があったと報じた。こうした教員の不足は、いくつかの複合的な要因によって生じている。

第一に、教採試験で十分な数を採用できていない実態がある。ここ数年、首都圏を中心に大量採用が続いているが、競争率の低下もあって多くの合格者を出せなかったり、辞退者が多かったりして、採用予定数を確保できない事態が生じやすくなっている。

第二に、第一の点とも関連して、臨時採用教員や非常勤講師といった非正規教員への依存が強くなっている傾向がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。