英語予備調査の影響を読み解く どのような授業が求められるのか

文科省は5月31日、「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)に英語が導入されるのに伴い、その実施体制などを検証するために行った予備調査の問題を公開した(本紙二面に掲載)。英語の全国学力テストは、学校現場にどのような影響を及ぼすことになるか。

■英語でも学力向上の取り組みが

全国学力テストは、小6と中3を対象に毎年実施されている。テスト教科は国語、算数・数学のみだ。このため、他の教科の学力も測定する必要があるとされ、現在では3年に1回程度の割合で理科の学力テストが追加されている。さらに文科省は、グローバル化に対応した英語教育改革の一環として、全国学力テストに中3を対象とした英語を追加することにした。

英語の学力テストは、2019年度に1回目が実施される予定で、理科と同様に3年に1回程度の実施となる予定だ見通し。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。