新制服の教育目的は達成されたのか? 銀座・泰明小学校の和田利次校長に聞く

6月9日土曜日、東京・銀座の中心街に位置する小学校のグラウンドに、児童らの楽しげな声が響きわたっていた。その姿を追う教員や保護者、地域の人々のまなざしはとても穏やかだ。この日は銀座の企業や商店街、住民、保護者らを招き、この小学校の開校140周年を記念して記念イベントが開かれていた。

同校はほんの数カ月前まで、「アルマーニの制服の学校」としてマスコミに取りざたされていた、中央区立泰明小学校。世間を騒がせた報道の中には、和田利次校長の方針を批判的に取り上げるものも少なくなかった。

しかし目の前に広がるのは、あの騒動の影響をみじんも感じさせない、平和であたたかい理想的な教育現場。2種類の標準服を着た児童たちが何のためらいもなく、声を掛け合っている。各方面から想像以上のバッシングを浴びつつも「アルマーニの制服」の導入に踏み切った和田校長。あの決断を下し3カ月がたった今、児童の反応はどうなのか、新制服にした教育目的は達せられたのかを聞いた。
■児童の評判はよい

――新しい標準服を導入して3カ月がたちました。当初は「アルマーニの制服の学校」と注目を浴び、いわば騒動になりましたが、もう落ち着きましたか。

報道が過熱していた時期はいたずら電話がかかってきたり、登校中の児童がすれ違いざまに制服をつかまれる事案があったりと被害がありました。今はやっと落ち着いてきましたが、まだ電話をとるときは緊張感がありますね。
――新しい標準服を導入した校内の様子はいかがですか。

まったく違和感はありません。新しい標準服を着た1年生と現行の服を着た上級生が、ぴったりと寄り添って校門をくぐってくる姿を、保護者も地域の方々も、もちろんわれわれ教員も自然に受け入れています。

標準服に関しては、色合いがきれいだとか、丈夫だという意見が寄せられています。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。