(注目の教育時事を読む)第50回 地震被害と学校安全

eye-catch_1024-768_tyumoku-kyoiku_r20180426藤川大祐千葉大学教育学部教授の視点

学校安全と危機管理を考える あらためてリスク対応の前進を
◆安全であるべき学校で子供の命が◇
紙面の記事を取り上げるのでなく、6月18日に大阪府北部で発生した地震被害を受け、学校安全と危機管理を論じさせていただく。

今回は大阪の都市部で大きな被害が出ており、6月22日現在、死者5人、負傷者400人以上と報じられている。建物の崩壊もあり、避難生活を余儀なくされている人も多い。ガスなどのライフライン復旧に時間がかかっている地域もある。被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げたい。

今回、広く注目されたのは、死者5人のうち1人が、学校のブロック塀の下敷きになって亡くなった小学生であったことにある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。