AIが翻訳しやすい日本語 AI時代の外国語と国語教育の在り方

深掘り 解説委員 鈴木教育新聞特任解説委員 鈴木 崇弘(城西国際大学大学院教授・日本政策学校代表)





■AIと外国語学教育の関係

筆者はこれまでにもいくつかの記事で、AIなどテクノロジーについて述べてきた。特に教育的見地から注目しているのは、AIの進化による「言語的バリアーの低下」と、それに伴う外国語教育の役割や意味の変化の可能性だ。

その観点から、筆者は最近、小学校などでの中途半端な外国語(特に英語)教育不要論を展開している。また同様の観点から、別の記事で、次期学習指導要領の方向性に否定的なコメントをした。

AIの発達で外国語の言語的バリアーがなくなるという意見には、賛否両論ある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。