熱中症事故はなぜ多発するのか 「前例踏襲」「現状維持」からの脱却を

■来年も続く「暑さ」への対応を

異常な酷暑が続く中、愛知県豊田市立の小学校で校外学習に参加した小1男児が重度の熱中症である熱射病で死亡した。

他にも全国的に熱中症で倒れる児童生徒が相次いでいる(本紙7月26日付既報)。この背景には、どんな問題があるのか。

子供が部屋にいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。