世代間で学びに違い Z世代はデバイス種類関係なし

深掘り・小宮山教育新聞特任解説委員 小宮山 利恵子 (リクルート次世代教育研究院院長)


今月8日、米教育事業大手ピアソンが興味深い調査結果を公表した。「ミレニアルズの先:次世代の学習者たち」(原題は“Beyond Millennials: The Next Generation of Learners”)という題のレポートで、ミレニアルズ世代と呼ばれる24歳から40歳の世代と、Z世代と呼ばれる14歳から23歳の世代の学びに、どのような違いがあるか、両世代に該当する14歳から40歳の2587人を対象にオンラインアンケートを行ったものだ。今回はその調査レポートについて翻訳しながらひもといていく。
■動画を用いた学びが好まれる

同調査によれば、両世代の違いで顕著な点は、Z世代はYouTubeの動画を通じた学びをミレニアルズ世代よりも好むということだ(Z世代59%、ミレニアルズ世代55%)。事実、学びの方法としてYouTubeは教員から教授される方法の次に位置付けられ、授業や教室の生徒同士のグループワーク(Z世代57%、ミレニアルズ世代47%)、本を読むこと(Z世代47%、ミレニアルズ世代60%)よりも好まれている。

また、Z世代はミレニアルズ世代に比べると、大学でテクノロジーを活用して学ぶのは普通で、生活の一部になっており、学校内外でより手っ取り早く学べることも望んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。