(新しい潮流にチャレンジ)教科等横断の学習をどう進めるか

eye-catch_1024-768_takashina-challenge教育創造研究センター所長 髙階玲治


クロスカリキュラムで充実を目指す


〇教科等横断の3つのタイプ

 今回出版された文科省の『小学校学習指導要領(29年度告示)解説』(東洋館出版社)の『総則編』で私が最も注目したい内容がある。それは教育課程編成における教科等横断の視点である。何に注目したかと言えば、教科等横断のカリキュラムが可能なように極めて具体的に「内容」が『資料』の形で示されていることであった。中学校も含まれている。「現代的な諸課題に関する教科等横断的な教育内容」である。例えば、「伝統や文化に関する教育」「主権者に関する教育」「消費者に関する教育」などである。それらが各教科・領域等でどのような指導内容があるかを学習指導要領から抜き出してまとめているのである。

 ところで、教育課程編成において「教科等横断」の考え方が強調されてきたが、新指導要領の「総則」等で主に言われていたのは「言語能力、情報活用能力、問題発見・解決能力」であった。詳しい説明はない。それが今回の資料では「教科横断的な学習内容」としての新たな学習内容提示がある。どう考えるべきだろうか。

 私は、教科等横断のカリキュラムを編成する場合、三つのタイプがあると考えている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。