AIに負ける子どもたちの読解力 次世代への危機感と思い


教育新聞特任解説委員 鈴木 崇弘(城西国際大学大学院教授・日本政策学校代表)





いま教育関係者をはじめとする多くの人々の注目を集め、さまざまなメディアでも取り上げられ、ベストセラーになっている本がある。『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社刊、新井紀子著)だ。

新井氏は数学者であり、2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクターを務める。同プロジェクトは、「東ロボくん」と名付けた人工知能(AI、正確にはAI技術)を育て、東大合格を目指そうというものである。

また同氏は、その「東ロボくん」のプロジェクトと並行して、日本の中・高校生の読解力に関する大がかりな調査・分析も実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。