(新しい潮流にチャレンジ)2030年 学校はどう変わるか Society 5.0に向けた教育課題

eye-catch_1024-768_takashina-challenge教育創造研究センター所長 髙階玲治

〇Society 5.0の社会はどう変わるか

文科省は6月5日に『Society 5.0に向けた人材育成~社会が変わる、学びが変わる~』を公表。2030年に向けた教育構想を掲げていたことで、その教育の方向性を明確化させたと言える。Society 5.0とは新たな社会構造を指す言葉。1.0は狩猟社会、2.0は農耕社会、3.0は工業社会、4.0は情報社会である。かつてトフラーは『第三の波』として情報社会をいい、ドラッカーは知識基盤社会の到来を語ったが、5.0はさらに超えた社会である。

新たな社会の出現は全社会構造を変化させる。教育はその変化への対応の一環であって、何よりも企業などの反応は速い。国際的な競争の渦中にある企業は、時代の先端をいく革新的な動きのいち早い導入が必要だ。恐らくは潜在的な激しい動きが繰り返されているであろう。日本経済団体連合会(経団連)は昨年2月に『Society 5.0実現による日本再興~未来社会創造に向けた行動計画~』を発表している。経団連は社会の動きについて、4.0がコンピューターの発明などで情報流通が始まった情報社会であるのに対して、5.0はIoT(Internet of Things)やAI(人工知能)が活用され、バイオテクノロジーが進化する社会だという。「超スマート社会」と言われ、産業構造の変化などにどう対応するか難しい課題が山積している。

当然ながらSociety 5.0は国家的課題である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。