総務省勧告のフォローアップ結果公表 いじめ防止対策推進法を見直す契機に

総務省は10月5日、今年3月に文科、法務両省に出した、いじめ防止対策改善勧告の措置状況に対する第1回フォローアップ結果を公表した。

その内容は、勧告を受けた文科省などの対応をまとめたものにすぎないが、学校関係者にとって、いじめ防止対策推進法の趣旨を見つめ直す契機にすべきだろう。

■総務省の改善勧告

総務省が勧告の中で課題として挙げたのが、いじめ認知件数の都道府県間の格差だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。