(新しい潮流にチャレンジ)校長は学校を変えられるか 組織文化形成に積極的に取り組む

eye-catch_1024-768_takashina-challenge教育創造研究センター所長 髙階玲治

〇新学習指導要領と教師の受容

全国学力・学習状況調査は文字通り全国的なマクロの分析であるが、地域の文脈を探ると違った面が現れることがある。

例えば、学力の三つの柱の一つである「学びに向かう力」や、教科等横断の教育課程編成と実施など、将来的に子供に身に付けたい力の形成は極めて期待されるが、現場への浸透度はどうであろうか。

図に示したように、Aレベルは新学習指導要領の内容である、学力の三つの柱、主体的・対話的で深い学び、カリキュラム・マネジメントなどは、北海道から沖縄県まで、全国一律に提示されているものである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。