(新しい潮流にチャレンジ)カリキュラム・マネジメントの課題

eye-catch_1024-768_takashina-challenge教育創造研究センター所長 髙階玲治

学校教育の充実を目指す基盤


〇学校の教育課程編成への期待

新学習指導要領はカリキュラム・マネジメント(CM)を強調している。改めて言うまでもないが、従来CMは実施され、学校にかなり定着している。それは学校の教育課程編成であり、単元の学習展開に基づく日常の授業である。学校の教育課程編成と単元に基づく日常の授業展開は、学校教育の充実を目指す基本であり、基盤を成すものである。今回、CMが強調されるのは、その基盤をより一層強固にするためのものである。

新学習指導要領で強調されている学校の教育課程編成は、おおよそ次の3点である。

ア. 各教科等の教育内容を相互の関係で捉え、学校の教育課程を踏まえた教科横断的な視点で、教育内容を組織的に配列すること。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。