スケール感乏しく「失望」の声も 中教審の働き方改革答申素案

中教審の働き方改革特別部会は12月6日、学校における働き方改革の答申素案を公表した。公立学校教員に1年単位の変形労働時間制を導入することが主なポイントだが、長時間勤務解消の決め手になるかは疑問だ。素案に対して、失望したという学校現場の声も少なくない。素案に「失望した」と言うのは簡単だ。重要なのは、ではどうするかだろう。
■日本型学校教育の維持を打ち出す

教員が授業以外の場面でも子供に深く関わる「日本型学校教育」は、小学校教員の約3割、中学校教員の約6割が「過労死ライン」を超える長時間勤務をしていることで成り立っている。学校における働き方改革を実現するには、この日本型学校教育を欧米型に転換するか、教職員定数を抜本的に改善するかのどちらかしかないはずだ。

しかし素案は、教職員定数の抜本的改善をしないまま、「持続可能な学校指導・運営体制の構築」として、日本型学校教育の維持を打ち出した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。