(教育時事論評)研究室の窓から 第43回 ダイナミックな校内研修に 中国における授業研究

eye-catch_1024-768_chichibu国立教育政策研究所研究企画開発部総括研究官 千々布敏弥


 11月末に北京師範大学において開催された世界授業研究学会に参加してきた。この学会は2006年に設立され、今では毎年千人近い参加者を集めるようになっている。授業研究が国際的に広まるようになった契機は、1980年代以降、研修の手法が教師個人に向けたものから学校組織に向けたものにシフトしたことと、90年代末にアメリカで出版された「ティーチング・ギャップ」が日本の授業と授業研究を称賛したことが影響している。前者の流れからは授業研究だけでなく、アクション・リサーチ、ラーニング・スタディーなどの手法も広まっている。前者は英、米、豪、後者はスウェーデンが主な実践国だ。手法的には授業研究と極めて似ている。アクション・リサーチは研究授業の成果を測定するためのデータ収集、ラーニング・スタディーは授業における子供の学びを評価する枠組み(バリエーション理論)の設定が特徴的であるものの、公開された授業を同僚が参観してフィードバックを返す手法は共通している。

 中国では日本の授業研究が伝わる以前から授業の相互参観は行われていた。それが辛らつな批評になる傾向があったところ、日本の授業研究はそのような困難に陥りにくいとの認識から、日本方式の授業研究が広まりつつある。私が学会の合間に訪問した小学校は、日本式授業研究をさらに強化したような校内研修体制を構築していた。

 中国の小学校は日本よりもクラス数が多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。