(新しい潮流にチャレンジ) 小学校英語教育の充実に向けて

eye-catch_1024-768_takashina-challenge
教育創造研究センター所長 髙階 玲治



教委の支援が導く授業の構築


英語指導への教員の不安への対応

2020年から完全実施される小学校の英語科と外国語活動は移行期間1年目を過ぎようとしているが状況はどうであろうか。

11年度に外国語活動が小学校高学年に導入されたが、教科になると多様な問題が生じる。15年2月に文科省が中1生徒に小学校の外国語活動で「もっと学習したかったこと」を調査しているが、それによると「英単語を書く」「英語の文を書く」「英単語を読む」「英語の文を読む」が80%前後であった。英語をきちんと学びたいという子供の期待であって、英語科への要望でもある。

英語科になれば、音楽やゲームを通じて英語の音声や表現になれ親しむことなどから、本格的な英語の学習へ転換する。ただそれは指導する学級担任にとって新たな課題になる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。