学習評価の基本 総則を踏まえて充実を

教育新聞論説委員 寺崎 千秋

「児童生徒の学習評価の在り方について(これまでの議論の整理)」が昨年12月18日に出された。今後、答申、そしてこれを受けて、学習評価および指導要録の改善の通知などが出されるとともに、国立教育政策研究所が「評価規準の作成、評価方法の工夫改善のための参考資料」を作成し提供する。新学習指導要領における評価の全体像が明らかになる。各学校はこれらの内容について研究・研修し、児童生徒の学習改善や教師の指導改善につながる評価力を向上させ教育の質を高めていくことが求められる。

評価を研究・研修する際の出発点、学習評価の基本として押さえなくてはならないことがある。新学習指導要領の総則に示されている「学習評価の充実」である(総則第3節教育課程の実施と学習評価2学習評価の充実)。「学習評価の実施に当たっては、次の事項に配慮するものとする」として2点示している。以下のその内容を分析的に示して、配慮や取り組み方を確認する。

▽(1)について

「児童(生徒)のよい点や進歩の状況などを積極的に評価する」ことは、子供の学びを肯定的に評価しマイナス評価や減点評価を避けること。……