学習問題が不登校を生む 調査結果は抵抗と不満の叫び

教育新聞特任解説委員 鈴木 崇弘

不登校予備軍33万人

「不登校傾向」にある中学生について、日本財団が調査を行い、昨年12月に結果を発表した。

調査はインターネットで昨年10月、中学生年齢(12~15歳)の計6500人などを対象に実施。

結果では、全国の全中学生約325万人中、文科省の不登校の定義(病気や経済的な理由による者を除いた、年間30日以上欠席した者)に該当する「年間30日以上欠席の不登校である中学生」は約10万人(3.1%)、「不登校傾向にあると思われる中学生」は約33万人(10.2%)に上ると推定した。……