教職課程における学習評価に関する教育 コアカリキュラムを生かす取り組みで充実を

教育新聞論説委員 工藤文三

学習評価を進める際に必要なこと

教育指導を通じて児童生徒に目標とする資質能力を確実に身に付けさせるためには、児童生徒の特性の理解を踏まえ、適切な指導計画を作成し、授業を展開運営していくことが求められる。児童生徒の学習状況を把握して、不断の授業改善が併せて必要である。学習状況の評価を行うためには、指導目標の分析と観点別評価基準の設定、評価基準に対応した評価場面と評価方法の選択・作成が必要である。評価方法を通して得た評価資料を評価基準に照らしての判断も、評価活動の中心的な課題である。

教職に就いて、まずは指導の目標と内容を把握し、教材を準備して、学習活動を構想し日々の授業に臨んでいく。一方で授業が進んでいくにつれて、評価のためのワークシートを作成したり、テスト問題を作成したりする。評価場面に適した、評価の観点を意識した評価方法を工夫する実践的な能力が必要なのである。単元ごとや学期末には観点別評価や評定を作成する作業が待っている。

一方、目標準拠評価や個人内評価の意義、観点別評価と評定の関係、評価基準の意義、妥当性と信頼性に関する基礎的な知識も必要である。……