(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)柴山イニシアティブ

学校教育全体に影響を及ぼす

文科省は2月1日、大学改革に向けた政策パッケージとして「高等教育・研究改革イニシアティブ」(柴山イニシアティブ)を公表した(本紙2月11日付既報)。この柴山プランが目指す日本の高等教育の将来像とは何か。それは、高校以下の学校教育にどんな影響を及ぼすのか。

記憶に残るものとなるか

発表された柴山プランに対する社会一般の関心は、あまり高いとはいえないようだ。新聞などマスコミでも、数理・データサイエンス教育を文系も含めた全学部で展開するという部分が注目された程度だった。

そもそも政策パッケージに、時の文科相の名前を冠して「◯◯プラン」などと名付けるのは、いかにも権力者におもねっているようで印象が良くない上に、当の大臣が退任すれば、すぐに忘れられる可能性が高い。……