(新しい潮流にチャレンジ)移行期を乗り切る学校経営評価

eye-catch_1024-768_takashina-challenge
教育創造研究センター所長 髙階玲治

新しい学校体制づくりは順調か


〇移行期における学校経営

新学習指導要領は『総則』を含め、多くの事項で今年度から実施を目指している。間もなく移行期の1年目が過ぎようとしているが、学校の移行状況は順調であろうか。

今回の移行措置の内容は多様で困難な課題が示されているが、完全実施に向けて校内の共通認識を図りながら確実に移行することが求められる。そのために必要なのが、何がどう実施されているか、解決すべき課題は何か、などを点検するチェックリストである。

そのチェックリストを作成し活用することが、残る移行期間をどう展開するか、具体的な方略につながるのである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。