未来における学びの枠組み 学年、学級を超えた多様な学習に


■社会の変化と学び
急速に進行している少子高齢化、グローバル化、情報化などの社会の変化は、それぞれ学校の在り方にも徐々に影響を及ぼしつつある。少子高齢化に伴う人口構成や地域偏在の進行は、学校の規模と配置に影響する。学校の小規模化は、集団としての学びの形態や活動に関連する。また、地域における少子化の進展は、小中一貫教育制度を活用した取り組みをもたらし、結果として、学校制度の変化をもたらしつつある。

グローバル化の進展は、国を超えた人の移動を加速させ、さまざまな場面で人々の接触や交流を生み出している。このような変化は、言語によるコミュニケーションの在り方や文化理解といった課題を提起した。実践的なコミュニケーション能力の育成を目指し、英語教育の改善が進められている。

情報化については、読解や表現が、これまでの紙を中心としたものから、電子メディアにおいて広く行われるようになった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。