(新しい潮流にチャレンジ)モンスターはサイコパスか

eye-catch_1024-768_takashina-challenge
教育創造研究センター所長 髙階玲治


冤罪(えんざい)をくつがえすことの難しさ


〇なぜ、理不尽な要求が

今年1月、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さんが自宅で亡くなり、父親が傷害容疑で逮捕された。心愛さんは、「秘密にする」とされたアンケートに「父から暴力を受けています」「先生、どうにかできませんか」と書いていた。だが、信じられないことに学校は昨年1月、アンケートの内容を父に伝え、さらに市教委はコピーまで渡していた。

朝日新聞によれば、1月12日に両親と学校、市教委指導課が話し合った際、父親が「訴訟を起こすぞ」などと学校を批判、コピーを渡すよう求めた。市教委はいったん「本人の同意書がない」と拒否したが、翌日両親が同意書を持って現れ、課長の判断でコピーを渡したとされる。「大きな声でどう喝され、威圧的な態度に恐怖を感じ、強い要求に屈してしまった」という(2月1日朝刊)。父親は職場ではおとなしいとされるが、なぜ「どう喝」するほど逆上するのか。

ところで、2月に福田ますみの『モンスターマザー』(新潮文庫)が刊行された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。