失敗の研究 成功している組織を学ぶ


教育新聞論説委員 千々布 敏弥



山本七平著『日本はなぜ敗れるのか 敗因21ヵ条』(角川グループパブリッシング)では、日本が先の大戦で敗れた原因の第一として「精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。然るに作戦その他で兵に要求される事は、総て精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに」と書かれている。それと同じことが今日の学校現場でも見られる。

私は秋田県、福井県との交流を元に『若手教師がぐんぐん育つ学力上位県のひみつ』(教育開発研究所)を2017年に出版した。以来、各県の学力向上を意図する教育委員会関係者の問い合わせを受けている。

交流の体験を積むほどに、学力向上のポイントは何かが分かってきたのだが(その成果を『学力がぐんぐん上がる急上昇県のひみつ』として近々刊行する予定である)、同時に学力向上を意図しても上昇しない組織の特性も見えてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。