新任校長の学校経営計画 「やらなくてはならないこと」から


教育新聞論説委員 寺崎 千秋



昇任した校長はこんな学校づくりをしたいと理想に燃えていよう。2校目、3校目に転任した校長は、これまでの経験を生かしてさらによりよい学校づくりを目指していよう。

既に、学校経営ビジョン・学校経営計画を所属教職員に示し説明して協力を求めたところであろうか。そのような折だが、改めて新任の校長に考えてほしいことがある。「やりたいことよりやらなくてはならないことを」ということだ。

「やりたいこと」とは、自分の経験、学びから得た教育哲学や識見などをもとに、校長になったらこのような学校をつくる、このように学校経営を行う、こんな子供たちを育てる、など抱いてきた理想や思いを実現しようとすることである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。