(本紙編集局はこう読む 深掘り 教育ニュース)中教審諮問「新しい時代の初等中等教育の在り方について」

次期指導要領と連動した検討

柴山昌彦文科相は4月17日、中教審に「新しい時代の初等中等教育の在り方について」諮問した。新学習指導要領の本格実施が間近に迫った段階で、中教審に新たな審議を諮問した狙いとは何か。

急速な変化に対応できない

多くのマスコミは、中教審諮問について、小学校高学年での「教科担任制」の拡大を大きく報道している。しかし、諮問が中教審に求めている検討課題はそればかりではない。

学習指導要領改訂の目的は、学校教育の中身を時代の変化に対応させていくことだ。……